wimaxの契約というのはクーリングオフ対象外になっています

wimaxを契約した際は、クーリングオフの対象外であります。
ですので、慎重に考えた上で申し込みをするべきです。
申し込み後にすぐ解約すると、解除料や違約金などのお金がかかります。
例えて言えば、携帯電話と同じような仕組みになっているわけです。
ソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、中途解約する際に、契約違反金が発生するのでしょうかきになるところです。これは、ワイモバイル社との契約時点のプランによって異ります。契約内容が2年未満か3年未満の解約で9500円の解除料金を支払わなければならないのです。
契約する場合は、慎重にプランを選んだ方がよいでしょう。
近年になって、光回線の業者の人が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなってきています。そのような事態を鑑みて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明白にしました。早いといわれている光回線が定まらない理由のひとつには、光回線は近くの住宅やマンションの内部などで回線を分けているので、通信量が多い人が住んでいる場所では重くなってしまうことがあります。
通信量が多くなる週末や夜などの時間帯に格別遅くなってしまい、不安定な時はこの理由のせいかもしれません。

Contents

HOME

未分類

pagetop