ネット回線は遅いとすごくイライラしますね

光回線の契約時、回線の速度が速いと伝えられてもいうほどイメージができないものです。それでも、現実に使用してみると、早いという感覚はなかったとしても、遅いケースの時は大きなストレスを感じます。常日頃からどれくらいの速さであれば自分が気持ちよく利用できるか知っておかないといけないと痛感します。インターネットを用いる時に、契約プロバイダによって通信のスピードは変わってくると予測されます。プロバイダを適正に比べるということは、不可能に近いというのが実情ではないかと思います。
ネット上の口コミを参考にするしかないので、わたしは顧客満足度業界一位というプロバイダを使用しています。
プロバイダを選んだ後、契約を行う際、最低限の利用期間を設けているプロバイダがいっぱいあります。
キャンペーン特典だけ貰って、すぐに解約をされたり、他に乗り換えられることのないように違約金を掲げているのです。もしも、途中で契約を解除する時には、違約金のことを確かめてから手続きを行う方が良いでしょう。
ここ最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘を迫ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが多くなってきています。
そのような事態を鑑みて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明白にしました。

Contents

HOME

未分類

pagetop